季節野菜と豚肉のご馳走しお炒め★春野菜でデトックス

季節野菜と豚肉のご馳走うま塩炒め

節約 疲れ デトックス コンディショニング


炒め物の定番「豚肉」に春野菜を活用した1品です。マンネリ化しやすい炒め物は、ほんのひと工夫で新鮮な味に仕上がります。いつもは使わない食材を1種類だけプラスしたり、今回のように季節の食材を使ったりするとバリエーションが広がります。

豚肉に豊富なビタミンB1は、ねぎ類(玉ねぎ、ねぎ、にんにくなど)と一緒に調理することにより、アリシンという成分が体内キープできる時間が長くなり、疲労回復や効率的なエネルギー産生をしてくれます。

ここがPOINT

旬の野菜は、その季節に必要な効能を備えているため、積極的に取り入れましょう。春野菜は苦味が強く、冬場に溜め込んだ毒素や老廃物を排泄してくれる効果があります。

調理方法

 約20分

下ごしらえ

  1. ビニール袋または小さめのボールに豚肉、すりおろしたニンニク、清酒、しょう油を入れ、手で揉み込む。
  2. ①に小麦粉を茶こしで薄くまぶして、さらに混ぜ込んでおく。

炒める

  1. 火をつける前に、フライパンにごま油とスライスにんにくを入れ、弱火でソテーして香りを出す。
  2. ①に豚肉を入れ、半分程度、火が通ってきたら、アスパラ、エリンギ、新玉ねぎを加え、すぐに軽く塩を振り、丁寧に両面を焼くように火を通す
。(※大きめのフライパンがない場合は、肉に火が通ったら、一旦お皿に取り出しフライパンは洗わず、野菜やキノコをソテーする。)
  3. ②に菜の花、春キャベツを加えて塩を振り、全体の味を整え、仕上げにコショウを多めに振って完成。
 (※②でお肉を取り出した場合は、味を整える前に戻す。)

材料

 120円/大人2人

材料目安量メモ
豚肉180g下味をつけておく
アスパラ2本切り口が斜めになるようにカット
菜の花1/3束下茹でして食べやすいサイズにカット
新玉ねぎ1/3個0.5ミリ程度にスライス
春キャベツ3枚大きめに手でちぎる/芯の部分はスライス
エリンギ1〜2個芯を落として乱切り
昆布だし汁100cc水出し、または、煮出したもの
しょう油小さじ1と1/2豚肉下味用
清酒小さじ1と1/2豚肉下味用
すりおろしにんにく1/2かけ分豚肉下味用
ひとつまみ野菜のみにふる
コショウたっぷり粗挽きがおススメ
にんにく1かけ薄くスライス

ターゲット栄養素

 大人1人分

栄養素分量
たんぱく質22g
ビタミンB10.97mg
葉酸232.8μg
ビタミンC74.6mg

アドバイスとアレンジ

アドバイス

「塩炒め」のポイントは、お肉にしっかりと下味をつけ、それ以外の素材には塩で味をつけることです。市販のタレを使わなくても美味しく仕上がります。

アレンジ

豚肉にまぶす小麦粉に小さじ1程度のカレー粉(粉末) を混ぜると、カレー炒めに変身します。お子様向けメニューにもおすすめです。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。