手作りサラダチキン★疲れ知らずのシャープな身体に

自家製サラダチキン

ダイエット疲れやすい美筋


簡単に作れる <自家製サラダチキン>にチャレンジしてみませんか?
サラダチキンはたくさん市販品が出回っていますが添加物や保存料が使用されている事も多いので、手作りがオススメです。1回作っておけば、いろいろな料理にアレンジができます。風味や食感を変えれば飽きずに食べられて、尚且つ、食事全体の栄養価がUPします。

ここがPOINT!

鶏ムネ肉は高たんぱく・低脂肪なので、身体を引き締めたい方にオススメです。また、鳥が長時間飛ぶためにストックしている「イミダゾールペプチド」という成分が私たちの体内で、疲労回復物質として働いてくれますので、疲れを取りたい方にも良い食材です。

調理方法

 約2時間

  1. 大きめのお鍋(鶏肉が重ならずに、ゆったり2枚分入る程度の大きさが理想)でお湯を沸騰させる。
  2. 鶏肉は水気(ドリップ液)をキッチンペーパーで軽く拭き取り、表面に満遍なく、すりおろしたにんにくをすり込み、塩コショウなどをお好みで振る。
  3. ジップロックバック(密閉袋)使用の場合
    肉の旨味を閉じ込めやすいメリットがあります!
    2のお肉をジップロックバックに入れ、空気を抜き、しっかりと密閉しましょう!

    ジップロックバック不使用の場合
    ボイルしたスープをそのまま利用し、鶏スープとして活用できます!
    ▼スープ
    塩・醤油・コショウ・ネギ・キャベツや白菜、小松菜などの葉物野菜・溶き卵などでで簡単に1品出来上がり✨

  4. ①のお湯が沸騰したら、
    清酒を大さじ2杯ほど入れ、②の鶏肉を入れる。
    (ジップロックバックの場合は、清酒は不要、そのままお湯に入れる。)
  5. 再度沸騰してきたら、火を止めて蓋をし、2時間おいて完成。

※鍋が小さい場合は、湯温が下がりやすいため、中まで火が通りにくい。万が一、中が生だった場合は、再度お湯を沸騰させ、火を消して30分ずつ様子を見る。

保存の仕方:タッパーに鶏肉と鶏肉が浸かるように、煮汁も入れて4日ほど保存は可能です。

材料

 約80円/大人2人分

材料目安量メモ
鶏肉(ムネ)200〜250g1パック分
塩コショウ少々下処理用
すりおろしにんにく1かけ分下処理用/なしでもOK

ターゲット栄養素

 大人1人分

栄養素分量
たんぱく質44.7g
ナイアシン23,2mg
ビタミンB61.08mg

アドバイス&アレンジ

アドバイス

鶏ムネ肉は、脂身が少ない分 ”パサパサ” なイメージがあり、調理アレンジが難しいイメージがあるかもしれません。でも、2時間ゆっくりと時間をかけて火を通すことで、お肉が硬くならずにしっとり仕上がります。
※ 短時間(強火)で火を通してしまうと、筋繊維が「キュッ」と変形し、更に水分が出てしまうため「硬く」なります。
※ お酒を茹で汁に入れることで、臭み予防になり、更に筋繊維が「キュッ」となるのを防いでくれる作用も期待できます。

アレンジ

週末の時間がある時などに作り置きしておくと、朝食やあまり調理時間が割けない夕食にもオススメです。
アレンジレシピ➡︎お酢でさっぱり美味しい!鶏肉とワカメのマリネ
アレンジレシピ➡︎鶏飯(けいはん)★食べ過ぎケアメニュー 

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。