揚げないガーリックポテト★便秘予防&腸内環境ケア

便秘予防 腸内環境ケア


ほっくり火を通したじゃがいもを、ガーリック味で仕上げた1品。
お子さん向けやお酒のつまみとしておすすめです。

ここがPOINT!

じゃがいもや根菜類は、最近糖質ブームの影響により糖質を多く含む食材として避けられがちな傾向があります。しかし、じゃがいもなどの芋類は腸内細菌の餌となり便秘予防にも効果を発揮してくれます。

調理方法

 約10分
オーブン加熱時間は含みません

下準備

じゃがいもに火を通しておく
じゃがいもを洗い、泥を落としてアルミホイルで包み、220℃のオーブンで40〜50分加熱して火を通す。爪楊枝を指して、ホクホクに仕上がっているかを目安に加熱時間を調整。

▶︎短仕上げの場合は電子レンジを活用しましょう
(オーブンの方が、じゃがいもの甘さやホクホク感が出るためおすすめです)
ビニール袋に洗ったじゃがいもを入れて、電子レンジで火が通るまで加熱。

具材準備と仕上げ

  1. 加熱したじゃがいもの目を取り、皮ごと4〜5等分にカットする
  2. オリーブオイルとスライスしたニンニクを加熱して、香りを出す
  3. ①をフライパンに入れて、表面にこんがり焼き色をつける
  4. すりおろしニンニクと塩、コショウ、バターで最後に味を整えて完成

材料

 30円/大人2人分

<td”>炒め物用

材料目安量メモ
じゃがいも2個男爵などホクホクの種類がおすすめ
オリーブオイル大さじ2ソテーするフライパンに多めに入れるイメージ
にんにくスライス1かけソテー用
バター少々仕上げの香りづけ / なくてもOK
少々味付け
コショウ少々味付け
にんにくすりおろし1かけ味付け

 

アドバイスとアレンジ

アドバイス

少し多めの油を入れることでこんがり焼き色がつきます。
油量をカットしたい場合は、じゃがいものをなるべく大きめに切り、表面積を減らすこともおすすめです。

アレンジ

カレー粉やクレイジーソルトなどお気に入りの調味料でアレンジしたり、さつまいもで代用しても美味しいレシピです。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。